星ダイアリー

 

今日は朝から良い天気ですね。

心なしか空気も暖かく。

少し眠気を誘うような陽気です。

 

さて。

先週にも届いていた来年の星ダイアリー。

今年のテーマもとても興味深い感じです。

 

f:id:mizushizuku:20170925134454j:image

 

とは言え、まだ来年までには時間があるので、

この前買った来年のほぼ日手帳と一緒にしまっています。

問題は...その横に並べて撮った今年の星ダイアリー。

 

実はこれ、2冊目なんです。

先日、うっかりコーヒーを零してしまって、

運の悪い汚れ方をしてしまい使えない状態に...

 

買い替えるか凄く迷ったんですけどね。

「やっぱり今年のも手元に置いておきたい!」

来年のを見てたら、やっぱり思ってしまいました。

あと3か月くらい時間も残ってますし。

 

まぁ、この3か月を「僅か」と取るのか、

「まだ」と取るのかは微妙なところではありますが...

ちなみに今年のテーマは「仲間と幸福の糸を紡ぐ」。

とても、しっくりと来る言葉です。

 

星ダイアリーも手帳ではありますが、

星占いを土台にしたスケジュール帳なので、

占いに興味のある人には勿論おすすめです。

でも、これを作ってる石井ゆかりさんの紡ぐ言葉と言うのが、

占いの好き嫌いの垣根を超える素敵なものになってます。

 

他にも私が愛用している本が「青い鳥の本」。

ビブリオマンシーと言って、いわゆる本占いをするのですが、

本占いと言っても難しいことは何一つありません。

気になることがある時に、それを思い浮かべながら、

目を閉じて本を気持ちのままに開きます。

そして、そのページに書かれてる文章を読んで、

そこから何か自分でヒントを見つけるという感じです。

 

普通に読み物として読んでも良いみたいですが、

私はどちらかと言うとビブリオマンシーに使ってます。

この本にも石井さんの素敵な言葉がたくさん詰まってて、

いつも心を軽くしてもらっているので手放せません。

ただ最近は忙しくて手にする時間がないのですが、

逆に気になることもないのかなぁと思ったり。

 

石井さんの言葉は、じわっと心に沁みるものが多いです。

励ましの言葉とかそんなんじゃなくて...

何だろう、説明は難しいのですが心が惹きつけられるような。

秋の夜長、気になったら手にしてみてください。

 

  

広告を非表示にする