あくび指南

 

今朝は薄曇り。

涼しいものだから窓を閉めて寝たら、

程よく暖かくて布団から出れない。

秋がもうそこまで来てる気配がします。

秋の夜長、と言うけど、

最近は夜更かしが苦手な年齢になってきて、

若い頃にのんびり過ごした秋の夜が、

ほんの少し恋しい気分になります。

 

さてさて。

9月に入ってから自分の事を少しずつ

書いてみたりしています。

昨日は好きな手芸の話でしたが、

今日は少し英語の話でも。

 

そう、この齢になって英語の勉強してます。

20歳の頃にも勉強してたのですが、

色々あって諦めてしまってて。

十数年ぶりの勉強をしています。

 

今年の初めに英検3級を取得したのですが、

中学レベルの英語には全く自信が持てず...

なので今は中学生レベルの英文を読む練習してます。

使ってる教材はNHKのラジオ番組のテキスト。

Enjoy Simple Englishです。

 

毎週、曜日ごとにテーマが決まっていて、

水曜日は「落語」の英文を楽しみます。

その落語、先週は「あくび指南」と言うお話。

 

落語はとても面白いです。が、

たまによく分からない話があったりして。

その時はネットで日本語の落語の解説を探します。

この「あくび指南」もそうでした。

 

「あくび指南」、'Yawning Lessons'

あくびを習いに行く話なんですけど、

そこに現実味がなくて面白いやら、

よく分からないやら。

また、その習い方も変だったり。

落語ってある意味奥深いなぁと感じます。

 

だって、良いあくびと悪いあくびがあって、

良いあくびが出来たら粋だとか。

何か笑っちゃいますね。

 

しかし暑さも引いて快適になると、

あくびが出てきます。

やりたい事してても何となく出たり。

「春眠暁を覚えず」と言うけど、

これって割と秋にも当てはまるなぁ。

 

そんな事を思う、今日この頃なのでした。

 

  

広告を非表示にする